ZEH
ネット・ゼロ
エネルギー・ハウス

創るエネルギーで快適な住まい

プライムホームのZEH

年々実感として感じることの多い「異常気象」
その原因と言われているのが地球温暖化ガスです。
その排出量削減が日本だけでなく世界的な課題として叫ばれているのが現状です。
住宅業界も断熱性や省エネ・エコ仕様で消費するエネルギー量を減らすことを大きな目標にし、太陽光発電などで自家で創るエネルギー量の方が多い住宅を標準にする動きが進んでおります。
自家で創り出すエネルギー量と消費するエネルギー量の収支をプラスマイナスゼロにする住まい、これがNet Zero Energy House(ネット・ゼロ・エネルギー・ハウス)、総称してZEH(ゼッチ)と呼ばれます。

※ZEHの詳細・・・
Net Zero Energy House(ネット・ゼロ・エネルギー・ハウス)の略。
住まいの断熱性能・省エネ性能を上げること、そして太陽光発電などでエネルギーを創ることにより、年間の一次消費エネルギー量(空調・給湯・照明・換気)の収支をプラスマイナス「ゼロ」にする住宅を指します。
日本政府は2020年までに、新築住宅の標準化を目指す方針を示しています。

プライムホームの2020年までのZEH住宅普及目標

プライムホームでは、2020年までに施工する住まいの半数はZEH住宅とする普及目標計画を立てております。
2016年度(H28年) 目標 10%  実績 42%
2017年度(H29年) 目標 20%  実績 37%
2018年度(H30年) 目標 30%
2019年度(H31年) 目標 40%
2020年度(H32年) 目標 50%

快適な家づくりのこだわり品質

吹付断熱材(アイシネン)

高気密・高断熱で非常に評価の高い最高級素材「アイシネン気密・断熱システム」の吹付け断熱材を採用しています。
この吹付け断熱材の特徴は、「燃えにくく、音を吸収して、夏涼しく、冬暖かい」という、とにかく「快適」な室内環境を実現してくれます。

詳しくはこちら

基礎断熱「タイト・モールド」

「タイト・モールド」とは、断熱材で出来た基礎型枠です。 床下に断熱材で囲まれた気密性の高い空間を作り出すことで、太陽熱や地熱などの自然エネルギーを無駄なく活用でき、家中の温度差が少ない室内環境を生み出します。

詳しくはこちら

耐震構造「ハイベストウッド」

耐震等級3の頑強構造で建築基準法の1.5倍です。
日本の伝統的な工法である「在来工法」と構造強度を更に高めるため、地震に強い住まいを実現するために構造用のハイベストウッドを採用しています。

詳しくはこちら

快適な「天然無垢」の家

木材には断熱性・調湿性・防腐性・芳香性・硬さ・色・木目など様々な特徴があります。
その特徴を的確にとらえ、木材を住まいのどの場所に使うかなど、木材を適材適所で使用した家づくりが、暮らしのポイントになります。

詳しくはこちら

自然素材「ケルザイム」の塗り壁

室内の壁を炭酸カルシウムと天然ミネラルを豊富に含んだ自然素材「ケルザイム」を原料にした塗り壁を使います。

詳しくはこちら

美しい外観「シーリングレスサイディング」

シーリングレスサイディングは、外壁のフラットな部分や角に継ぎ目が目立たないので、非常に美しい外観を実現します。
美しい外観だけでなく、シーリング交換も不要ですので住まいのメンテナンス費用削減も実現しています。

詳しくはこちら

きれいな空気「24時間全熱交換型換気システム」

冷暖房で快適な温度に保たれた室温を、熱回収しながら空気を入れ替えます。
温湿度の交換で、夏の除湿効率を高めてカビやダニの生育しにくい湿度に保ち、冬は室内過乾燥を防止します。

詳しくはこちら

断熱性能が高い「アルミ樹脂複合窓」

断熱性能が高いアルミ樹脂複合窓などを採用し、室内の快適性を実現しています。
太陽からの紫外線をカットし、夏は涼しく冬は暖房熱を外へ逃がさず冷暖房効率をアップ、光熱費の大幅削減も実現するLOW・E複層ガラス高断熱タイプ等を採用しております。

詳しくはこちら

高性能の「屋根瓦」

お住まいの美しさを表現する大きなポイントとして存在するのが「屋根瓦」です。
クール遮熱瓦は、温度上昇を抑え、大きな節電効果を実現しています。

詳しくはこちら

ZEH(ネット・ゼロ・エネルギー・ハウス)

自家で創り出すエネルギー量と消費するエネルギー量の収支をプラスマイナスゼロにする住まい、これがNet Zero Energy House(ネット・ゼロ・エネルギー・ハウス)、総称してZEH(ゼッチ)と呼ばれます。

詳しくはこちら

太陽から光熱費を生み出す「太陽光発電」

「光熱費」の大幅カットも実現するのも「オール電化と太陽光発電システム」です。
さらに、発電して使っても余った電力は売ることが出来ます。

詳しくはこちら
資料請求・お問い合わせ